当事務所の場合

当事務所の遺産分割

 

トップページ  >> 相続関係業務 >> 遺産分割交渉・調停 >> 当事務所の遺産分割

 このページでは、当事務所に遺産分割交渉・調停をご依頼いただいた場合の流れ及び費用について説明しております。

打ち合わせ

 まず、ご依頼者の話をじっくり丁寧にお聞きします。当たり前と思われるかもしれませんが、弁護士資格を持たない事務員が流れ作業のように行なう弁護士事務所もあるようですので、あらためて私は「じっくりとご依頼者から話を聞くこと」こそが肝心だと思っています。

情報収集・資料収集

 お話を聞いたうえで、情報収集を行ないます。「相続人の範囲の確定」「遺言書の有無」「遺産の範囲の確定」「遺産の評価」「寄与分」「特別受益」といった法律問題を検討するために必要な情報・資料の収集ですが、大ざっぱにいえば、遺言書の調査、戸籍の取得、遺産となる財産の資料の取得などです。

方針決定

 収集した情報をもとに、ご依頼者と十分に相談し、遺産分割の方針の希望内容を決定いたします。なお、税務の点や、不動産登記の点、不動産の評価の点などが問題になるときは、相続問題に詳しい税理士、司法書士、不動産鑑定士といった専門家もご紹介いたしますので、ご安心ください。

交渉

 他の相続人に対して、分割協議を申し入れます。私は、相続人の間で無用に対立が生じないようにするには裁判所の手続を利用せずに協議分割が成立するに越したことはないと考えています。このため、協議分割が成立するように最大限尽力します。

遺産分割調停

 他の相続人の協力が得られず、分割協議の成立が見込めないときは、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てます。 もちろん、調停を申し立てるかどうかについては、ご依頼者と十分に打合せをして決定いたします。

 調停手続では、ご依頼者が希望する遺産分割の内容を実現するために必要な主張や、他の相続人の主張に対する反論を書面にまとめ、証拠を添えて、裁判所に提出します。

遺産分割の成立

 遺産分割協議を成立させるときは、遺産分割協議書に相続人全員の実印を押し、印鑑証明書を添付します。その他、銀行預金の解約等に関する書類の押印もあわせて行なうこともあります。
 分割協議の場合と異なり、調停を成立させる場合は、ご依頼者を含めて相続人の皆様の実印の押印は必要ありません。裁判所が、遺産分割の成立をいわば保証してくれるイメージです。
 遺産分割が成立した後は、それぞれの遺産の名義変更などの手続や、相続税の申告手続を行ないます。この名義変更の手続きなどについても税理士、司法書士の紹介を含めてサポートさせていただきます。

弁護士費用について

 弁護士費用は、着手金・成功報酬方式となり、依頼者の相続分の金額を基準に算定します。
  着手金 :依頼者の相続分の金額×5%+9万円(消費税別)
  成功報酬:依頼者が取得した金額×10%+18万円(消費税別)
 相談料は、30分あたり5000円(消費税別)です。

まとめ

 当事務所の場合には、以上のような流で遺産分割に関しての交渉・遺産分割調停を進めさせていただいております。できる限り丁寧な対応を心がけておりますので、ご安心いただければ幸いです。ご不明点等はお気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2015 Toshiaki Tanabe All Rights Reserved.