弁護士に遺産分割交渉を依頼すると?

弁護士による遺産分割

 

トップページ  >> 相続関係業務 >> 遺産分割交渉・調停 >> 弁護士による遺産分割

弁護士に遺産分割交渉を依頼すると?

 このページでは、弁護士に遺産分割交渉を依頼した場合における、手続きの流れについて説明しています。

前提としての資料の収集

 遺産分割交渉の前提として、問題点・遺産の全容の把握等のために、弁護士にてどのような資料が必要かを検討し、ご依頼者と手分けして、必要な資料(たとえば、戸籍謄本や預貯金明細など)の収集を行ないます。

交渉・協議の代理

 弁護士がご依頼者の代理人として、他の相続人と交渉して分割協議をしたり、ご依頼者の代わりに裁判所の遺産分割調停の期日に出席します。
 今までに多くの相談を受けておりますが、その経験上、「他の相続人と面と向かって遺産分割の話をするのは躊躇する」と感じている方が多数いらっしゃいます。法的に認められた相続割合の遺産の取得を主張するのであれば本来何も恥じる必要はないのですが、より多くの遺産を希望することになると気が引けると考える方もいらっしゃいます。弁護士に依頼すれば、他の相続人と面談して直接交渉する必要はなく、気兼ねなく自分の希望を主張することができます。
 また、「相続人ご本人同士で協議をすると、冷静な話し合いができなくて困る」ということも多いようです。弁護士が代理人として交渉することによって、より円滑に協議が進むことが期待できます。

ご依頼者が希望を実現するために必要な主張の検討分割するときの問題点

遺産分割に際してよくある問題としては、
「相続人の範囲の確定」
「遺言書の有無」
「遺産の範囲の確定」
「遺産の評価」
「寄与分」
「特別受益」
といったものが考えられます。
こういった法律問題で意見の対立が生じるため、紛争が生じるケースがほとんどです。特に、遺産の中に不動産が含まれる場合、「遺産の評価」の点で意見の対立が生じやすいです。
 法律問題での対立が生じたときは、合理的な根拠に基づいた法的主張を行なうことが肝心であり、弁護士にぜひご相談いただきたいと思います。弁護士が法的に検討し、ご依頼者の利益を最も大きくすることができる法的主張を組み立てて、ご依頼者の利益を守ります。

まとめ

 皆様の代理人として、遺産分割に関する交渉を行えるのは、弁護士のみです。

 円滑な協議と、法的に適正な利益の確保等、最大限の結果を得るためにも、弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。

 まずはお気軽にご相談ください。

Copyright(c) 2015 Toshiaki Tanabe All Rights Reserved.