相続人と相続分

相続関係業務

 

トップページ  >> 相続関係業務

このページでは、当事務所で取り扱っている相続に関しての業務について、まとめております。詳細については各ページをご覧ください。

遺産分割の交渉・調停

 遺産分割協議についての交渉の代理や、家庭裁判所での調停・審判手続きについては、当事務所までお任せください。

・遺産分割についての交渉がまとまらない

・感情的になってしまうので、他の相続人と遺産の分け方について話したくない

・相続人間での話し合いがまとまらなかったので、家庭裁判所に調停を申し立てたい

・遺産分割調停が想定していたのと違う方向に進んでいる

 このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

 詳細については遺産分割の交渉・調停のページをご覧ください。

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求には、期間の制限があります。適切な主張を、適切な時期に行うためにも、まずは弁護士までご相談ください。

・遺言があったけれども、自分が取得する遺産がない

・遺言の内容が不公平だ
・特定の相続人が、生前にたくさんの財産をもらっている①相続人の協議による分割
このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

詳細については遺留分減殺請求のページをご覧ください。

相続放棄

 相続放棄は3か月以内に手続きをとるのが原則です。短い期間にちゃんと判断するためにも、まずは弁護士までご相談ください。ケースによっては、限定承認手続き(遺産の中で負債を精算し、残った遺産があればそれを取得する。遺産の総額が負債の精算に足りなければ、なにも相続しないという手続きです。)をお勧めすることもございます。

・被相続人の負債を相続したくない

・被相続人と疎遠だったので、遺産分割協議等に参加したくない

・負債と資産のどちらが多いかわからない

このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

詳細については相続放棄のページをご覧ください。

遺言執行・遺産整理業務

遺言執行者への就任や、遺産分割協議に基づく遺産整理業務についてはお任せください。

・遺言書はあるけれども、何をすれば良いかわからない

・遺言に基づく名義変更手続きをすべて頼みたい

・相続財産についての手続きが面倒だ

このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

詳細については遺言執行・遺産整理業務のページをご覧ください。

遺言作成

 遺言書は、相続に際して、あなたの想いを形にする大切な書面です。
 残された親族が揉めないようにするために、そして、相続手続きがスムーズに進むようにするためにも、作成をおすすめいたします。
 あなたの想いを確実に伝えられるよう、公正証書遺言・自筆証書遺言の作成は弁護士までご相談ください。

 詳細については遺言書の作成のページをご覧ください。

 上記以外の業務にも対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2015 Toshiaki Tanabe All Rights Reserved.