相続人と相続分

相続人と相続分

 

トップページ  >> 相続の基礎知識 >> 相続人と相続分

相続人と相続分について

 相続が発生しますと、被相続人の一切の権利と義務が、被相続人の相続人に移転します。このページでは、被相続人とどんな関係にある人が相続人になるのか、そして、各相続人の相続分がどうなるかについて解説しております。

相続の順位

 誰が相続人になるのかについては、優先順位が定められています。具体的には以下の通りです。少し分かりにくいかと思いますので、解説もご覧ください。
 第1順位 被相続人の子、孫等の直系卑属
 第2順位 被相続人の父母、祖父母等の直系尊属
 第3順位 被相続人の兄弟姉妹
※ 被相続人の配偶者については、常に相続人になります。

【解説】

1.先順位の者がいるときには、後順位の者は相続人にはなりません。
たとえば、被相続人に子どもがいる場合には、父母(直系尊属)が存命であったり、兄弟姉妹がいたりしても、その人たちは相続人になりません。

 被相続人に子や孫がおらず、父母、祖父母等の直系尊属がすべて亡くなっている場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

2.被相続人に、子と孫がいる場合等、同順位の相続人間においては、親等の近いものが相続人になります。

 たとえば、被相続人に子どもA、Bがおり、Aには子どもCがいるとします。

 この場合、被相続人には、三名の直系卑属がいることになりますが、相続人になるのは、親等の近いA、Bの二人ということになり、孫であるCは相続人にはなりません。
ただし、Aが被相続人より先に亡くなっている場合には、本来被相続人の相続人であるはずのAの地位をCが引き継ぐことになります。これを代襲相続といいます。この場合、相続人たるBと、代襲相続人たるCが相続人となります。

 直系尊属の場合、被相続人に子や孫がおらず、父母と祖父母が存命である場合には、父母が相続人となり、祖父母は相続人にはなりません。この場合、父母が被相続人より先に亡くなっている場合に、祖父母が相続人になります。

相続分

 各相続人の相続分についても、民法に定められています。

1.被相続人に配偶者がいる場合

 被相続人に配偶者がいる場合ですと、下記のとおりとなります。

 第1順位の相続人(子や孫)の場合
  相続分は、配偶者が2分の1、被相続人の子等の直系卑属が2分の1となります。
 第2順位の相続人の場合
  相続分は、配偶者が3分の2、被相続人の父母等の直系尊属が3分の1となります。
 第3順位の相続人の場合
 被相続人の兄弟姉妹が4分の1、被相続人の兄弟姉妹が4分の1となります。

 配偶者以外の相続人は、全体の相続分を均等に分けることになります。そのため、兄弟姉妹が相続人の場合には、遺産の4分の1を均等の割合で分けることになります。たとえば、被相続人に配偶者がおり、相続人が兄弟姉妹3人である場合には、各兄弟姉妹の相続分は、遺産の4分の1を3人で均等に分けるので、各12分の1となります。

2.被相続人に配偶者がいない場合

 被相続人に配偶者がいない場合には、原則として各相続人が均等の割合で遺産を取得することになります。
 たとえば、相続人が被相続人の5人の子どもの場合には、その相続分は、各5分の1となります。

まとめ

 相続人と相続分については、以上のとおりです。 シンプルな相続であれば、特に難しいことはありませんが、実際には、代襲相続が生じるケースや、相続開始後、手続きを行っている最中に、相続人の一部が亡くなってしまい、更に相続が発生してしまうケース(これを数次相続といいます)もあります。

 

 当事務所では、様々ケースの相続に対応可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

Copyright(c) 2015 Toshiaki Tanabe All Rights Reserved.